Today is a good day to die.

昨日の夜、友人のご主人が急逝した。

いつものように夫婦で仲良くテレビなど見ながら、くつろいでいた時のことだそうだ。

急性心筋梗塞

死ぬ直前まで、まさか今日死ぬなんて夫婦共思っていなかったろう。

だけど死んだ。

残す方、残される方、どちらにとってもつらい死に方だろうと思う。

人は案外あっけなく死ぬ。

わかっている。でも忘れている。

1日1日を大切に、悔いなく生きたいと、こういうことがあった直後は思う。

でも忘れるのだ。

忘れないと、怖くてしょうがないから。

悔いなく生きるなんて凡人には所詮無理。

だったら、そうなった時に

「あれ!私死んだ?死んだのか?そうかー!死んだのか、じゃしょうがないか」

と出来るだけあっさりと執着を手放せますように。