遠くで汽笛を聞きすぎて

「遠くで汽笛を聞きながら」 

アリスの名曲…と思ったのは最近だ。

私は堀内孝雄が嫌いだ。アリス時代から嫌いだった。

谷村新司を好きだと思う気持ちと同じくらい堀内孝雄が嫌いだった。

だから堀内孝雄がボーカルのこの曲をよく聴かなかった。

数年前にアリスが再結成して、地元でもコンサートがあると知っても

堀内孝雄に会いたくないのでチケットを取らなかった。

そのくらい嫌いだ。

 

なぜ堀内孝雄が嫌いか。

子供の頃は「好きな顔じゃない」が一番の理由だった。

だからって谷村新司が好みの顔なのかと言われたら困るが。

少なくとも堀内孝雄の顔よりは好きだったとしか言えない。

 

だんだん歌唱法もダメだと気付いた。

演歌に転じてからはますますダメになった。

センキュウーーー!って掛け声もダメ。

おかしな身振り手振りも許せない。

顔も宮史郎っぽくなってきてますます嫌い。

 

それが、最近この歌を谷村新司のボーカルで聴いて

涙がでるくらい良い歌だと思った。

特に、中学生じゃなく、初老の今聴くから余計に沁みる、そんな歌詞だ。

やはり作詞は谷村新司か。そうだろうそうだろう。

遠くで汽笛を聞きながら アリス - 歌詞タイム

 

 

ここに、アリス再結成時と思われる動画がある。

1番を堀内孝雄、2番を谷村新司が歌っている。

まるで違う。

違っていい。違っていいんだけど、堀内孝雄の落ち着きのなさはなんだ。

普段は演歌歌手かもしれないが、この時はアリスなんだから

そういう歌い方をしろよと、私は言いたい。

 


遠くで汽笛を聞きながら

 

大好きだったアリスではあるが

堀内孝雄を生で見るのはやっぱりキツイだろうと思わざるをえない。

目の前でこれをやられたら、ぶん殴りたくなるだろう。

 

だが。

いろんな「遠くで汽笛を聞きながら」を聴いていて

アリス時代の堀内孝雄バージョンを渋々聴いてみたら・・・

 

いいのだ。

なに、君、歌唱力あったじゃない。と、上から目線で言っちゃうくらい

心に響く歌い方をしている。ハスキーで声量がある。

 

ちょっと音が悪いけれどぜひ聴いてほしい。

これが全盛期の堀内孝雄の実力だ。

嫌いだよ。嫌いだけど、認める。


遠くで汽笛を聞きながら  アリス

 

こうして一曲をいろんなバージョンで聴きまくり

遠くで汽笛を聞きすぎてしまった。